CYBERMAXFM+ BE+ 1W 5W 15W 25W 50W and 100W

テスト

 0,00 999,99

在庫あり
商品コード: Backed by 5 years warranty カテゴリー:
ユーロ 749,99

在庫あり

ユーロ 859,99

在庫あり

ユーロ 759,99

在庫あり

ユーロ 869,99

在庫あり

ユーロ 769,99

在庫あり

ユーロ 879,99

在庫あり

ユーロ 779,99

在庫あり

ユーロ 889,99

在庫あり

ユーロ 829,99

在庫あり

ユーロ 929,99

在庫あり

ユーロ 929,99

在庫あり

在庫切れ

ユーロ 239,99

在庫あり

ユーロ 29,99

在庫あり

ユーロ 74,99

在庫あり

ユーロ 84,99

在庫あり

ユーロ 109,99

在庫あり

 3,99 7,99
ユーロ 79,99

在庫あり

表示されている価格は VAT なしです (EU 内でのみ支払われます)

説明

Black edition with new high performance advanced display, backed by 5 years of warranty

The new Black Edition (BE+) series FM exciter brings completely new advanced graphics display with many new features such as web control interface, ethernet connectivity, two-color VU meter, smooth rotary button operation and full control over every aspect including RDS. Sharp low pass filter, great stereo separation, fantastic reliability and tight MPX control with several limiters were carried over from the previous models. With this new OLED display and new great looking enclosures with improved ventilation it seemed completely logical that warranty period would be extended to 5 years **.

This unit is perfect for demanding broadcasters. No tuning is necessary, design is entirely wideband. All you have to do is set the frequency and output power, the rest is optional. SWR, temperature and polarity protection make it difficult to destroy the unit. Unit is housed in a brand-new 1H professional 19″ rack, new design is lighter and RF tight (does not leak RF). It is rugged and made for 24/7/365 operation. Each unit has a wide-angle high contrast OLED display.

Those who use streaming sources to stream your audio will be happy to hear that as an option we also offer industry – standard streaming service receiver which also reads MP3 files from USB port at the back. What is even cooler is that the name of the stream or song name (if transmitted by stream operators) will be displayed on the display and also sent out with RDS. Instructions how to set this up are in the manual for the LCD display.

 

What’s new in BE version:
Bright 122×32 graphical LCD with rotary encoder, USB and Ethernet ports.
– Classical two-color LED-based VU-meter and forward/reflected power indicator.

– Remote control via Ethernet and web browser as standard, possible even from mobile phone
– RDS fully configurable via OLED display and web interface
– RDS is also supported via industry-standard UECP interface
– RDS can now substitute special national characters by standard recognizable by all receivers (if desired)
– RBDS and RDS are both supported
– Time update via Internet to always ensure precise CT RDS time with very precise implementation of CT algorithm. With automatic daylight savings switching.
– Firmware of all sub-systems can be upgraded via USB interface. If we release an update or a new feature you will be able to install it.
– Optional streaming and Mp3 playback which can also transmit song name via RDS
– Calibrated two-color VU meters for power, reflected power and audio level
– MPX レベル制御の改善 (いくつかのポイントで制限が導入されました)。
– MPX level adjustable from outside via a hole next to XLR connectors at the back
– 100段階のパワー調整
– パーセンテージベースの電力調整 (50% は出力電力の約半分を提供します。V2 は非常に近似的な結果を与える可能性があります)
– USB digital audio input (MPX mode now features 192KHz conversion rate)
– Optional AES/EBU in MPX audio input models (later it will also be available in stereo models)
– モジュール構造、ほとんどのモジュールははんだ付けなしで簡単に交換可能
– Easy change of frequency or any parameters via display or web interface, friendly user interface
– 費用対効果が高く、エネルギー効率が高く、軽量、小型で実用的
– 1W and 5W versions do not have any fan and are completely silent, 50W and 100W version have much better cooling than previous versions

リモコンでどのパラメータを変更できますか?
Frequency, output power, various alarms, network parameters, time settings, audio input selection and levels, DSP parameter and RDS settings can be changed via Ethernet in web browser. No software installation is needed, just connect your transmitter to local Ethernet and open web browser to access all the settings. Check the manual for more info. Below is a small sample of the interface.

Web interface for CyberMaxFM+ Black Edition FM transmitters
Web interface for CyberMaxFM+ Black Edition FM transmitters

送信機、アンテナ、音源をどのように配線すればよいですか?
いくつかのスタジオ アイテムを備えた素敵なラジオ局の例については、下の画像 (クリックして拡大) をご覧ください。このページの下部で、ラジオ局のセットアップに使用できる他の項目へのリンクを探します (他に何が必要ですが、含まれていませんか? オーディオソースとして何を使用できますか?).

拡大するにはクリックしてください

技術仕様:
RFセクション
– Output power: 1W to 100W depending on the model, easily adjustable via LCD display (100 steps)
– 出力インピーダンス 50 アンバランス、フル出力の VSWR は 2:1 未満
– 出力コネクタ: BNC メス
– 周波数範囲 87.5 ~ 108MHz
– PLL step 50KHz
– RF スプリアス > -85 dBc @ +- 1MHz 最小キャリア外
– RF 高調波 > -60 dBc 最小、-70 dBc 代表
– モニタリング LED: 電源オン、SWR/TEMP/PLL 警告
– 変調機能: FM
– RDS support: Yes
– RDS CT accuracy: -+0,1 seconds
– Supported RDS groups: PS, RT, CT, AF, EON, PTY, TA, TP, ECC, DI bits, UECP interface

オーディオセクション
– オーディオコネクタ: BNC (MPX 入力)、RCA、XLR、USB
– MPX バージョンの 192KHz USB オーディオ入力
– 必要なオーディオレベル: 4dBu (1.23Vrms @ 0db ゲイン)、-10dBu (0.316Vrms @ +14dB ゲイン)、広範囲で調整可能
– オーディオ入力インピーダンス: 10Kohms 抵抗、バランス型
– プリエンファシス フラット、50 または 75usec
– 高調波歪み (THD) <0.1%
– ステレオセパレーション: >65dB
– モード: ステレオ/モノラル、LCD ディスプレイまたは PC を使用してリモートで調整可能
– 周波数振幅: 0.5dB、30Hz – 15kHz

全般的
– 周囲温度: -5° ~ +45°C
– Power supply: 15V(ordered separately, current rating depending on power)
– 標準 19 インチ 1HE ラック、深さ 125mm (約 5 インチ)
– 重量約4kg(容積)

Note: BE units are available in 2 versions.
– MPX 入力あり (STL レシーバーまたは外部 DSP プロセッサーなどから)
– DSP ステレオエンコーダーと RDS を備えたステレオ DSP/RDS バージョン

機種名 DSP
プロセッサー
RDS
プロセッサー
XLR
入力
ユニットの正式名称
BE MPX いいえ いいえ はい CyberMAXFM+ BE+ MONO MPX 192KHz USB
BE STEREO + RDS はい はい はい CyberMaxFM+ BE STEREO DSP+RDS

何が含まれていますか?
– 送信機
- USBケーブル
– Short Ethernet cable
– Mains power supply and mains cable must be ordered separately (they are listed below transmitters, get the one for your power level)! The reason is that these units can be battery powered (car battery for example), they are relatively common standard items and many have them already. Mains cables are standard desktop PC type and vary from country to country so we don’t know what type is used where you live (and sometimes in the end the unit ends up somewhere else, not where we ship it). Also, these are industry standard.

どれくらいの範囲が期待できますか?
このガイドで範囲について詳しく読むことができます ここ。

RDSとは何ですか?
無線データシステム, basically it displays station name and sometimes song name and similar information on a compatible radio receiver. Very popular in Europe
and also in the US.

IP audio streaming with MP3 playout from USB
This add-on card lets you receive internet audio streams or play MP3 files from USB drive. This is basically industry-standard Barix IP module inside your transmitter. Especially cool is that the stream source often also transmits song name and when this is the case the RDS encoder can also transmit song name and it can be displayed on the LCD. Read the manual to see how this is done.

オーディオソースとして何を使用できますか?
– 電話ハイブリッドを備えた高品質ミキサー。 大人気のこのユニット.
– Professional broadcasting microphone with noise-free stand
– Your PC. Just plug audio cable into your sound card. With some audio scheduling software.
– CD プレーヤー、MP3 プレーヤー、またはその他の音楽再生システム

他に何が必要ですが、含まれていませんか?
– お住まいの国で購入できる電源プラグが必要です (国ごとに異なる電源プラグがあり、すべてを取り扱っているわけではありません)。これは標準の電源プラグで、価格は通常約 1 US$ 以下です。ラジオ シャック、サーキット シティ、コンピューター ストアなどの electronics ストアで入手できます。安全のため、常にアース付きプラグを使用してください。
– アンテナも必要になります。アンテナを注文することもできます ここ
– アンテナと送信機を接続するための同軸ケーブルも注文できます。 こちら(最長20m) また ここ(20~60m) また ここ (>60m).
– ラジオ必需品キット には、さまざまなコネクタとアダプタに加えてアンテナ アナライザが含まれており、すべてのステーションがいつでもこれらを手元に置いておく必要があります。
– オーディオソース(ミキサー、CDプレーヤー、マイクなど)が必要です。 PC をオーディオ ソースとして使用し、Jazler、Raduga、winamp などのオーディオ スケジュール ソフトウェアを実行することをお勧めします。 Rocksteady などの Winamp プラグインが存在し、サウンドをさらに向上させることができます。

アンテナやその他すべてを含む、パッケージで開始するために必要なものはどこで購入できますか?
あなたは私たちをチェックすることができます 包括的な送信機パッケージ、これらには、アンテナ、同軸ケーブル、主電源が含まれます。別の方法は、好みのものを選択することです ここのアンテナ と コネクタ付き同軸ケーブル here, this way you can configure your own package. Antenna accessories such an antenna analyzers are also very welcome. And of course lightning protection.

**For the warranty period of 5 years some conditions apply. Warranty does not cover final transistors and shipping cost, also natural disasters and mishandling are excluded.

 

追加情報

CYBERMAXFM+ SE V2 マニュアル (SE V3 にも適用)
https://www.pcs-electronics.com/software/2018/manual_cybermaxfmSE2_en.pdf
(V3 では、静かな音声をブーストするために使用できるエキスパンダー機能が提供されています。デフォルト設定の 1:1 はエキスパンダーが無効であることを意味し、1:2 の設定では最大のブーストが得られます。この機能は、ドライブイン シネマで静かなセクションを少しブーストするのに最適です。少し。)

SE+ V3 用の PC (RS232 または USB) でこのユニットをリモート制御するプログラムは次のとおりです。
https://www.pcs-electronics.com/software/2013/CyberMaxFM_v64_Setup.exe

XP、W2K、Vista、Windows7用のUSBポート用ドライバーはこちらです

 

これは、64 でも動作する XP、Vista、Windows7 用の USB ポート用ドライバーです。

そして最後に Windows 10 用の USB ドライバー

このガイドは、FM ラジオ局にとって役立つ多くのことを説明しているため、お勧めします。
ソフトウェアのセットアップに特化したセクションも非常に役立ちます

イーサネットを使用するには、このプログラムをダウンロードしてインストールします。

レビュー

レビューはまだありません。

以前にこの商品を購入したことのあるログイン済みのユーザーのみレビューを残すことができます。